エリクシールシュペリエル 50代
肌悩みというのは年齢によって大きく異なっていきます。

「若い頃はシミやシワなんて気にならなかったのに…」「ある日急に肌の乾燥を感じるようになった」これは年齢を重ねるとともに誰にでも起こりうる肌悩みと言えます。

ティーン世代には肌の脂っぽさが気になったり、ニキビが気になるということが起こりやすいですが、50代以降は肌の乾燥やシミ、シワというのが大きな肌悩みとなってきますよね。

化粧品によって対象年齢が設けられているのもその世代にあった成分配合がされているという点が大きいため、できる限り自分の肌悩みや対象年齢に適したものを使うことが望ましいですよね。

エリクシールシュペリエルはエイジングケア商品に分類されますが、50代以降にも効果を発揮してくれるか気になるところ。

エリクシールシュペリエルの対象年齢はどのくらいなのでしょうか。

エリクシールシュペリエルを使うことで目指せる肌というのはどのようなものなのか、効果はどういったものなのかも併せて見ていきましょう。

エリクシールシュペリエルは50代にも効果を発揮する?

エリクシールシュペリエルはエイジングケア商品で、これは年齢に応じたうるおいケアのことを指します。

50代以降だけではなくどの世代にも言えることですが、肌に潤いを与えることは非常に重要で、シミや乾燥小じわまで全ての肌悩みの根本には潤いが不足していることが考えられます。

肌が十分に潤っていれば外部刺激を受けにくくなったり、化粧品のもつ効果を発揮しやすい土台作りをすることができます。

さらには肌が潤いで満たされていると見た目にも若々しく見えますよね。

エリクシールシュペリエルは肌に潤いをあたえ、ハリと透明感をもたらし頬の高い位置にツヤ玉が輝く肌を目指すことができる商品です。

つやのある頬というのは年齢を感じさせず若々しく見えますよね。

エリクシールシュペリエルの広告を務めているのは女優の篠原涼子さん。

広告に使われるイメージモデルはターゲット層や対象年齢となる世代の人を使用していることがほとんどで、エリクシールシュペリエルの対象年齢は篠原涼子さんの世代であることがわかります。

篠原涼子さんは現在40代前半のため、エリクシールシュペリエルの対象年齢はおおよそ30代~40代ということになるでしょう。

薬などは15歳未満は1回1錠、15歳以上は1回2錠と決まりが設けられていることがありますが、化粧品にはそういった指示はありませんよね。

そのためエリクシールシュペリエルを20代で使っても問題はなく、反対に50代で使っても問題はありません。

ただし50代以降が使うには肌に物足りなさを感じる場合があります。

あまり肌に浸透していく感じがないからいつも倍の量を使う…ということであれば、初めから高保湿のものを使った方が良いですよね。

若い頃にどのようなケアをしてきたのかによっても50代で使う化粧品は異なってくるため、一概に50代以降にエリクシールシュペリエルは物足りないかもしれないと言い切ることはできません。

ただしエリクシールシュペリエルの愛用者の口コミは30代~40代のものが多いことや、イメージモデルが40代の篠原涼子さんであることからターゲット層は30代~40代であるということを一つの目安としておくと良いかもしれません。

エリクシールシュペリエルの効果って?

エリクシールはコラーゲン・サイエンスで肌のハリと潤いを満たし、頬の高い位置にできるツヤ玉のある肌へ導くことができます。

肌の内部にあるコラーゲンは年齢とともに減っていってしまいます。

コラーゲンが減ってしまうと触れたときに弾力を感じられなかったり、シワができやすくそして目立ちやすくなってしまいます。

内側からピンと張ったようなツヤ感のある肌を作るには肌に潤いをもたらすことや、コラーゲンを減らさないことにあります。

エリクシールシュペリエルはハリと透明感で満たす肌を目指し、年齢を重ねても美しくいられるようなお手伝いをしてくれるスキンケアと言えます。

50代でも使いたい!エリクシールシュペリエルの効果とは?:まとめ

エリクシールシュペリエルの対象年齢は30~40代であると言えますが、20代でも50代でも使用している方はいます。

ようは自分の肌に合っているか、きちんと効果を感じられているかという部分が重要となるということですね。

対象年齢ではないけれど使ってみたいという方は、まずはトライアルセットから試してみるのが良いのではないでしょうか。

自分の肌に合うか、物足りなさはないかなどを1週間試すことのできるセットが販売されているのでそちらもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。